価格表価格表



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹をねかせるとは…

よくお客様に『竹を伐ってから何故長い期間ねかせるんですか?どれぐらいねかせば良いんですか?』と質問されます。

木材全般、竹に限らずだと思いますが、伐ってきた竹を笛にするには表面の汚れを落とし煮沸して油抜き(殺菌消毒)、天日干し(紫外線による殺菌消毒、水分、青み抜き)、ねかせをしなければなりません。

3年ねかせた竹


4年ねかせた竹


5年以上ねかせた竹でも油抜き、天日干しし殺菌消毒処理した竹はカビが生えにくいです。

竹をねかせる事で春夏秋冬の気候や温度湿度変化に竹を馴染ませ、加水や乾燥を繰り返す事で竹をあばれさせます。
この時に極端に曲がったり割れたりする竹も少なくありません。

曲がったものは火入れして矯正しますが火入れ矯正は正直竹にとてもダメージを与えるので極端に曲がってしまったものは私は矯正しません。

まぁ…それも味わいですし曲がっていても鳴りには影響しないので。

あとどれぐらいねかせば?という事ですが、竹は3年を過ぎた頃から安定し水分量を一定に保つようになるので3年以上ねかせても竹の水分量はあまり変化しません。

最低でも3年はねかせて十分にあばれさせてから製作したほうが竹も安定し、笛になっても割れにくい素材になります。
…とはいっても竹ですから絶対に割れないという保証はありませんが。

なので竹を長い期間ねかせるのは気候に馴染ませ加水や乾燥を繰り返す事で竹をあばれさせ安定させる事が目的で、竹の水分量が一定に安定する3年はねかせが必要という事です

最後に、皆さんは笛が乾燥で割れる事を心配されますが日本の気候で乾燥で笛が割れる事はまずないと思います。
特に冬場は乾燥しますが素竹の笛でも湿度が30%以下でも乾燥で笛は割れません。

では何故割れるのか?

殆どのケースが急激な温度変化(寒→暖)による竹の繊維の水分膨張で割れる事、これが割れる原因だと思います。

特に歌口や指孔など孔を開けた箇所は孔の開いてない部分よりもその分強度も落ちます。
冬場に割れるケースが多いのは乾燥ではなくそういった温度環境に笛を置いたり持ち込んだりする事が主に割れる原因だと思いますので逆にこうした環境に注意する事で割れを防ぐ事にも繋がります。

実際私も製作中の笛を不注意でエアコンの温風が当たるところに置いてしまい割れた経験があります。
ものの数分間置いただけでしたが『カッ!!』という乾いた音をたて中心から縦に真っ二つに割れました。

あと表皮を剥いた笛は表皮を剥いた分強度も落ち繊維がむき出しになるので温度変化にも敏感に反応し割れやすくなりますので保管時や持ち歩く際は必ず笛袋に入れるなどして温度変化に注意して下さいね
関連記事
スポンサーサイト

tag : 篠笛 嚮晴

コメント

Secret

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お届けまで





Comments<>+-
Trackback <> + -






お客様用メールフォーム


御注文、ご質問、ご意見、相互リンクなどありましたら こちらのメールフォームからお気軽にお問い合わせ下さいませ

お名前:(必須)
メールアドレス:(必須)
件名
お問い合わせ内容


篠笛 嚮晴へのリンク
バナーコピーはこちら

鉾神社例大祭



相互リンクサイト
上町囃子連公式HP(・∀・)ノ
一点一点手仕上げのクリーニング
別室にお祭り部屋あります♪
渋川市重要無形民俗文化財継承団体
つくば市で活動する和太鼓会
佐原の大祭で乗演する江戸後期創設の歴史ある芸座連です
真鍋二丁目獅子舞保存会公式HP
茨城県・千葉県中心の水郷地域の
山車まつり紹介
水郷山車まつり探訪の付録編
備忘録・水郷地域に関する話題等
日本全国で行われる祭りを
月別に紹介
各地の山車祭、神輿祭を見聞録的に紹介
日本全国の曳山を伴う祭りの紹介
茨城の高校野球応援サイト
まさ太郎のホームページ


太鼓・工芸・祭り用品・和柄カジュアル



素材サイト

Atnet Japan! 篆刻素材AOI 空に咲く花 雫の家書道




荷物のお問い合わせや配達状況の確認はこちらからどうぞ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。