価格表価格表



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹が篠笛の材料になるまでに・・・

昨年末に干した竹を取り込みました。
KIMG1944.jpg
竹を裏返しながら約1ヶ月程天日に晒した竹は青みや水分が抜けて、干す前と比べると竹が締まってきます。
水分が抜け極端に軽くなった竹は良い笛にならないので、この時点で省きます。

KIMG1947.jpg
麻紐のあとをみると竹の青みが抜けた事が良く分かります。


しかしこれで篠笛の材料になったかというとそうではありません… 

その後は日光のあたらない場所で3年間竹をねかせます

伐ったばかりの竹というのは材質が不安定な為、曲がったり割れたりと竹が暴れます。

KIMG1946.jpg
四季の気候や環境の変化に竹を馴染ませる事で、竹は大気中の水分を出し入れし暴れながら少しずつ安定してくるのです。

何故竹を3年間ねかせるのかというと、3年間ねかせた竹というのはそれ以降5年、10年ねかせても竹自体の水分の含有量にはあまり変化がないからです。

KIMG1945.jpg
竹の伐採から始まり、洗い(汚れを落とす)、油抜き(虫や虫の卵の駆除、殺菌)、天日干し(青み抜き、乾燥、カビ防止)、ねかせ(竹の安定)…と竹が篠笛の材料になるまでにはさまざまな行程があり、それぞれの作業に意味があるのです。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 篠笛 嚮晴 作成

コメント

Secret

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お届けまで





Comments<>+-
Trackback <> + -






お客様用メールフォーム


御注文、ご質問、ご意見、相互リンクなどありましたら こちらのメールフォームからお気軽にお問い合わせ下さいませ

お名前:(必須)
メールアドレス:(必須)
件名
お問い合わせ内容


篠笛 嚮晴へのリンク
バナーコピーはこちら

鉾神社例大祭



相互リンクサイト
上町囃子連公式HP(・∀・)ノ
一点一点手仕上げのクリーニング
別室にお祭り部屋あります♪
渋川市重要無形民俗文化財継承団体
つくば市で活動する和太鼓会
佐原の大祭で乗演する江戸後期創設の歴史ある芸座連です
真鍋二丁目獅子舞保存会公式HP
茨城県・千葉県中心の水郷地域の
山車まつり紹介
水郷山車まつり探訪の付録編
備忘録・水郷地域に関する話題等
日本全国で行われる祭りを
月別に紹介
各地の山車祭、神輿祭を見聞録的に紹介
日本全国の曳山を伴う祭りの紹介
茨城の高校野球応援サイト
まさ太郎のホームページ


太鼓・工芸・祭り用品・和柄カジュアル



素材サイト

Atnet Japan! 篆刻素材AOI 空に咲く花 雫の家書道




荷物のお問い合わせや配達状況の確認はこちらからどうぞ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。