価格表価格表



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真笛(まこぶえ)製作♪

真竹材

真笛(まこぶえ)を製作する為、銘竹の産地で知られる京都から真竹を取り寄せました。

先ずは、およそ6.5尺の真竹材で笛に使えそうな部分を選んで竹挽きノコギリでカットします。
6.5尺の長さから笛に使える部分はそれほありど多くはありませんカット終了1節のものや2節のものがあります。太さは2.3~2.0cm程。

次にドリルを使って節抜きをします。
節抜き用ドリル10mmのスーパーロングドリル初めは元部にリングが付いていましたが、リング部分を切断してドリルに合うように元部を六角に改造しました

ドリルを垂直に入れ、管内を傷付けないように慎重に節抜きします。
節抜き工程女竹に比べて肉厚な真竹の管内は女竹よりも細いんですね。意外でした・・・
管内調整→調律工程→拭き漆
管内を削って整えています管内の様子。節目の凸凹が無くなるまでひたすら削ります。孔を開け調律後に拭き漆しました

真竹は女竹に比べて肉厚で硬く、ドリルやクリ小刀を使い孔を開けるのですが、1つ孔を彫るのも本当に大変な作業でした
しかし今回最も苦労した点は、調律です。
女竹は1節の節間部分がやや太いのですが、真竹はほぼ同じ太さ。
分かりやすく言えばほぼ直管です
この竹の構造の違いが調律にも大きく影響します。
管内も同じ太さの女竹と比較すると真竹のほうが細いので、管内を削り改造しないといけません…意外でした。
節を抜き管内を整えるだけでも大変ですが、加えて管内を削り拡げる工程もまた大変な作業です

何事も経験ですね
管内を塗り室で乾かしています。ちなみに一番右にあるのは篠笛です。
真笛を彫ってみてまた新たな課題が沢山見付かりました
もっと頑張らnever
嚮晴 真笛  篠笛 古典調 五本調子半篠笛との比較

いやぁ…笛ってシンプルな楽器ですが本当に奥が深いんだなとまた改めて感じました
関連記事
スポンサーサイト

tag : 真笛 嚮晴 古典調 五本調子半 製作 真竹

コメント

Secret

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お届けまで





Comments<>+-
Trackback <> + -






お客様用メールフォーム


御注文、ご質問、ご意見、相互リンクなどありましたら こちらのメールフォームからお気軽にお問い合わせ下さいませ

お名前:(必須)
メールアドレス:(必須)
件名
お問い合わせ内容


篠笛 嚮晴へのリンク
バナーコピーはこちら

鉾神社例大祭



相互リンクサイト
上町囃子連公式HP(・∀・)ノ
一点一点手仕上げのクリーニング
別室にお祭り部屋あります♪
渋川市重要無形民俗文化財継承団体
つくば市で活動する和太鼓会
佐原の大祭で乗演する江戸後期創設の歴史ある芸座連です
真鍋二丁目獅子舞保存会公式HP
茨城県・千葉県中心の水郷地域の
山車まつり紹介
水郷山車まつり探訪の付録編
備忘録・水郷地域に関する話題等
日本全国で行われる祭りを
月別に紹介
各地の山車祭、神輿祭を見聞録的に紹介
日本全国の曳山を伴う祭りの紹介
茨城の高校野球応援サイト
まさ太郎のホームページ


太鼓・工芸・祭り用品・和柄カジュアル



素材サイト

Atnet Japan! 篆刻素材AOI 空に咲く花 雫の家書道




荷物のお問い合わせや配達状況の確認はこちらからどうぞ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。